視力回復@手術ガイド > 視力回復 マッサージ

視力回復 マッサージ

マッサージで視力回復をする方法は、手軽でとっても楽ですよね。

視力回復 マッサージ

レーシックや眼鏡、コンタクトレンズを使うとなるとちょっと肩に力が入ってしまいますが、マッサージで視力回復ならリラックスして楽しむことができます。

視力回復のマッサージにはいくつかの種類があるので、「一番良いな」と思ったものを選択してやってもらえたらと思います。

一番簡単な視力回復のマッサージは、「目の周囲の骨が出ている部分を人差し指、中指で押していく」というものです。

すごく簡単な視力回復のマッサージですよね。

この時気をつけたいのが、「あくまで押すのは骨であって、間違って眼球を押してしまわないこと」です。

誤って眼球を押してしまうと怪我の原因にもなりますので注意してください。

それから、左と右の眉頭をそれぞれ親指でもんでいくという方法もあります。

また眉頭の間を親指と人指し指で刺激すると言う方法もあります。

それからちょっと難易度があがりますが、効果的なマッサージの仕方を書いてみましょう。

1. 軽く握りこぶしを作り、左右のこめかみを親指で押さえます。

2. 親指をこめかみに当てつつ、人指し指の二番目の関節を眉の下の骨に当てます。

3. 眉毛の下にある骨をなぞる様に、目頭から目じりへともんでいきます。

4. 目の下の骨をなぞるように内から外へもんでいきます。

5. このパターンを二分間繰り返します。

またマッサージをする時に、お風呂に入るとき時より少し熱めのタオルを目に当てるとより効果が上がるそうです。

確かに、暖かいタオルを目に当てると癒されていく感じがしますよね。

マッサージの一番の利点は、なんと言っても「空いた時間に手軽にできること」ではないでしょうか。

特殊な機械を必要としたり、あまり時間がかかる方法だとハードルが高くなってしまいます。

それに、難しい方法だとどんなに効果的な方法でも長続きしません。

マッサージで視力回復をする方法は、簡単でいつでもできる画期的な方法なのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

視力回復@手術ガイドは、視力回復について解説しています。

視力回復@手術ガイドPICK UP!:視力回復トレーニング 幼児

最近大きな問題になっているのが、「子供の視力低下」です。 特に日本人は近視で眼鏡・・・