視力回復@手術ガイド > 視力回復 目薬

視力回復 目薬

子供の時などに「目が悪くなった」と眼科に行ってみると、目薬を渡されることが度々あると思います。

視力回復 目薬

これは何の目薬なのか、知らずにさしてした人も多いのではないでしょうか。

小学生くらいの子供だと、眼鏡やコンタクトレンズをすることにとても抵抗を感じることも珍しくはありません。

眼鏡は顔の印象を大きく変えてしまいますし、コンタクトレンズは便利だと言っても「目の中に入れなければ使うことができない」ということに抵抗を感じる子もいるでしょう。

そんな子供に渡される目薬には、眼の周辺にある毛様体筋のこわばりをとる成分が含まれています。

あまり知られていないことですが、私たちの近視の原因とはこの「毛様体筋」が硬直してしまうことにあるのです。

毛様体筋は目にある水晶体の調節を行う筋肉のことで、大変重要な働きをしています。

遠くを見る時、毛様体筋は緩んで伸びますが、近くを見るときは緊張して固くなってしまいます。

パソコンやテレビゲームなどで近くばかりを見ていると、毛様体筋をずっと緊張させることになってしまい、疲れ眼の原因となってしまうのです。

長い間この状態が続くと、毛様体筋は伸びにくくなり、ピントが合いにくくなってしまいます。

これが、遠くを見ることが難しくなる「近視」のメカニズムです。

つまり視力回復をするには、この毛様体筋を柔らかくリラックスさせてあげることが必要になるのです。

視力回復の目薬には、この緊張を緩める成分が含まれている、ということです。

メリットとしては「子供からお年寄りまで、誰でも簡単に使用することが可能である」ということがあり、デメリットとしては「効果が無い場合もある」「アレルギーがある場合は使用することができない」「必ず眼科医に処方してもらうことが必要」というものがあります。

この視力回復の目薬を使用する場合、目薬を点眼した後は目を使う作業ができなくなります。

そのため、寝る前などに点眼して使うと良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

視力回復@手術ガイドは、視力回復について解説しています。

視力回復@手術ガイドPICK UP!:視力回復手術 大阪

大阪で視力回復手術(レーシック)を受けることができるクリニックをご紹介しましょう・・・